So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

古市百舌鳥古墳群、世界遺産暫定リスト入り 倭の五王が眠る巨大古墳群(産経新聞)

 百舌鳥・古市古墳群は、5世紀に中国と積極外交を繰り広げた「倭の五王」が葬られたとされ、仁徳陵古墳は、その規模からクフ王のピラミッドエジプト)や秦(しんの)始皇(しこう)帝陵(中国)とともに「世界三大墳墓」といわれる。

 両古墳群が築かれた5世紀は、倭の五王が国内を統治し、中国の歴史書に「讃(さん)」「珍(ちん)」などの名で5人の王が記載されている。約100年間にわたって中国に頻繁に朝貢し、皇帝から「倭国王」に任じられた。仁徳、応神両天皇も、この五王に相当するとされる。

 仁徳陵古墳の築造時期は5世紀中ごろで、5世紀前半に亡くなったとされる仁徳天皇と年代的に大きな矛盾はない。

 両古墳群には国内の巨大古墳ベスト10のうち5基が入っている。特に、仁徳陵古墳などが築かれた場所は、当時の海岸線に近いことが特徴。瀬戸内海を渡ってきた中国使節に対し、巨大古墳を見せることで自らの国力を誇示する狙いがあったともいわれ、古代国家発展の謎を解くうえで重要な鍵を握っている。

 白石太一郎・大阪府立近つ飛鳥博物館長(考古学)は「世界にはさまざまな初期国家の形態があり、巨大古墳が次々に築かれた両古墳群は、日本の国家形成のあり方を示す象徴的な存在。世界遺産に近づいたことは喜ばしい」と話した。

【関連記事】
世界遺産暫定リストに追加掲載へ 「百舌鳥・古市古墳群」(大阪府)など2件
日本人のルーツは? 最新のデータで定説を検証
iPhoneで高松塚を操作、知の都「ナレッジキャピタル」体感
古墳4基がゴルフ場開発で損壊 奈良・巨勢山古墳群
向出山古墳の甲冑に金多用

参院選日程「一日も早く決めて」…選管が悲鳴(読売新聞)
<配偶者控除>「維持も」 玄葉公務員制度改革・少子化担当相(毎日新聞)
30分前に不審男目撃 東大阪の中古車店長切りつけ事件(産経新聞)
公安庁がオウム関連2施設に立ち入り 新拠点と最大拠点(産経新聞)
<前原誠司国交相>都市間高速無料化、実験で判断(毎日新聞)

社民党 連立政権離脱を決定 全国幹事長会議(毎日新聞)

 社民党は30日、東京都内のホテルで全国幹事長会議と常任幹事会を開き、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題で福島瑞穂党首が閣僚を罷免されたことを受け、連立政権から離脱することを決めた。昨秋の3党連立政権合意に盛り込んだ政策や次期参院選での選挙協力については、離脱後も引き続き民主党や国民新党などと協議する。

 福島氏は幹事長会議終了後の記者会見で、「政権離脱を決定した」と報告。その上で「全国の党員や幹事長から罷免については良かった。筋を通したと言ってもらった。今後は新しい政治に仕えていきたい」と語った。

 これに先立ち、福島氏は幹事長会議の冒頭、「連立政権の下で、さまざまな役割と(政策など)できたことに意義があることは認識している。しかし、社民党の1丁目1番地の平和と基地の問題に関し、(同県名護市)辺野古の海に基地を造る政治に加担することはできない」と説明した。

 党執行部は幹事長会議に対し、離脱方針とともに、3党連立政策合意の扱いや参院選での民主、国民新両党との選挙協力など今後の対応も提起。県連のほとんどから離脱を支持する意見が出たが、社民党現職候補を抱える新潟県連が離脱に反対。ほかに数県連が慎重な対応を求めたという。 

 これに先立ち、同党の又市征治副党首は同日午前、党本部で記者団に、鳩山由紀夫首相が連立維持を求めていることについて「社民党を切りながら連立をそのままやりましょうというのは支離滅裂としか言いようがない。首相は退陣し、閣議決定に至る過程を反省しないといけない」と首相に退陣を求めた。【西田進一郎】

【関連ニュース
社民党:「内閣つぶれる」又市副党首
社民・福島氏:「重大な決意」連立離脱を示唆
普天間移設:与党、社民つなぎ留め 参院選にらみ協力優先
在日米軍再編:普天間移設 罷免の社民・福島氏「重大な決意」 連立離脱、強く示唆
’10参院選みやざき:社民県連合、渡辺氏支援保留 福島党首の閣僚罷免受け /宮崎

県職員が130万円着服=職員親睦会の口座から―宮崎県(時事通信)
バックで400m逆走、トラックに衝突し死亡(読売新聞)
昨夏から資金繰り悪化か=従業員給与支払い滞る―200億流れ解明へ・岡本ホテル(時事通信)
農機具会社やスーパー、宮崎へ支援の輪広がる(読売新聞)
綱吉の母・桂昌院ゆかりの京都・善峯寺 重文ひっかき傷(産経新聞)

小沢氏、21日に不起訴=陸山会事件―東京地検(時事通信)

 小沢一郎民主党幹事長の資金管理団体「陸山会」の政治資金規正法違反事件で、東京地検特捜部は20日、小沢氏を21日に再び不起訴処分とすることを決めた。上級庁との協議の結果、共謀を立証できる新証拠はないと最終判断した。
 不起訴処分を受け、小沢氏を「起訴相当」と議決した東京第5検察審査会が再審査する。改めて起訴すべきだと議決されれば、小沢氏は裁判所が指定する弁護士によって強制起訴される。 

【関連ニュース
【特集】迷走!普天間移設〜政府、5月決着を断念〜
【特集】「陸山会」土地購入事件〜小沢氏、3回目聴取で事件関与を改めて否定〜
増税なしでデフレ脱却、財政再建は可能〜みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜
普天間「最低以下」の結果で問われる鳩山首相の進退

<八街殺人放火>強殺容疑で父娘を送検…千葉県警(毎日新聞)
修繕積立金マニュアル作成へ=マンション適正管理を支援―国交省(時事通信)
空中戦、どぶ板選挙を粉砕 橋下新党初勝利の衝撃(産経新聞)
国の不作為責任が焦点=アスベスト健康被害で判決へ―大阪・泉南地域29人訴え(時事通信)
<爆発物郵便>元ディレクターに懲役5年求刑 検察側(毎日新聞)

登記翌年の提案に、小沢氏「そうしてくれ」(読売新聞)

 小沢一郎・民主党幹事長の資金管理団体「陸山会」の政治資金規正法違反事件で、同会が2004年、土地購入などに充てた4億円を同年分の政治資金収支報告書に記載しない方針について、小沢氏に報告し、了承を得たとする同会元事務担当者・石川知裕衆院議員(36)(起訴)の供述の詳しい内容が、読売新聞の取材で分かった。

 供述では、石川被告が、問題の土地購入が表面化しないよう、土地登記を翌年にずらすことなどを提案し、小沢氏は「そうしてくれ」と了承したとしている。

 東京地検特捜部は、同法違反について小沢氏を不起訴(嫌疑不十分)としたが、東京第5検察審査会は4月27日、「起訴相当」と議決した。同審査会は、こうした石川被告の具体的な供述が、小沢氏の関与を示す直接的な証拠にあたると認定したとみられる。

 石川被告の起訴状などによると、同会は04年10月29日、小沢氏からの借入金4億円を使って東京都世田谷区深沢の土地を約3億4000万円で購入しながら、4億円の収入を同会の同年分収支報告書に記載せず、代金の支出なども05年分に記入していたとされる。

 石川被告の供述によると、石川被告は当時、小沢氏が用意した4億円が簿外資金で、表に出せない金ではないかと推測。04年分の収支報告書に土地購入を記載すると、05年9月頃に公表されるため、翌06年9月頃に予定されていた次期同党代表選に向けた党員やサポーターの獲得に支障が出ることを懸念したという。

 そこで、石川被告は土地購入に先立って、小沢氏に対し、「このままだと、土地の購入のことや、先生が用意した4億円が表に出て、騒がれる恐れがあります」と助言。4億円の借り入れが表に出ないようにするため、土地の所有権移転登記を05年1月にずらすことを提案すると、小沢氏は「そうか。そうしてくれ」と了承したという。

 また、石川被告は、小沢氏からの借入金で土地を購入したことを隠すため、10月29日に土地代金を支払った後、定期預金を担保に新たに小沢氏名義で4億円の融資を受けることにした。石川被告は事前にその必要性を説明し、了解を得る必要があると考え、小沢氏に報告すると、小沢氏は「おう、わかった」と答え、融資申込書への署名を引き受けたと供述していた。

全裸状態で横浜の川に浮かんでいた女性遺体、殺人と断定/神奈川県警(カナロコ)
参院定数「40程度削減」公約に明記 民主(産経新聞)
京都の夫婦刺殺事件、娘婿を殺人容疑で逮捕(読売新聞)
警官を車で引きずり逃走 殺人未遂などで捜査 警視庁(産経新聞)
無症状キャリアーは対象外=救済案、国側が一時検討―B型肝炎訴訟(時事通信)

<普天間>北マリアナ知事が親書 海兵隊受け入れで会談要請(毎日新聞)

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題を巡り、与党系議員で作る「沖縄等米軍基地問題議員懇談会」会長の川内博史・民主党衆院議員は10日首相官邸を訪れ、視察先のサイパンで会談した米自治領北マリアナ連邦のフィティアル知事らから受け取った鳩山由紀夫首相あての親書を佐野忠克首相秘書官に手渡した。

 親書の内容は明らかにされていないが、川内氏は知事らが「日米が抱える基地問題を解決する用意がある。海兵隊の皆さんを歓迎する」と語ったと説明した。「13日に来日し首相と会いたい」という知事らの意向を伝え、日程調整を要請した。

 川内氏は議員懇メンバー5人と8日、フィティアル知事のほかグアムのカマチョ知事、北マリアナ連邦テニアン島のデラクルス市長と会談した。川内氏によると、フィティアル知事が「海兵隊を歓迎する」などと発言し、他の2氏が同意したという。米軍はテニアン島で沖縄から移転した海兵隊の訓練を行う計画だが、知事らは「訓練だけでなくその他の駐留も受け入れる余地がある」とも述べたという。【野口武則】

【関連ニュース
普天間移設:社民・山内議員、官邸前で抗議…くい打ち反対
普天間移設:月内決着見送り…官房長官が示唆
普天間移設:政府案決定へ協議…閣僚会議
普天間:米大使、小沢氏と極秘会談「鳩山は信用できない」
普天間:「5月末超えても交渉」 枝野氏、首相の責任否定

全裸状態の女性の遺体を鶴見川で発見、水に沈むような細工、死体遺棄事件として捜査/横浜(カナロコ)
<堺男児虐待死>逮捕の元内縁の夫 腹部を狙った暴行(毎日新聞)
携帯で殴る、つまようじで刺す…修学旅行で生徒にけが 法政大中高の体育科元教諭ら2人書類送検(産経新聞)
聴取対象の男性が自殺=横須賀の民家殺害事件−神奈川県警(時事通信)
<毎日新聞社>1都3県で「MAINICHI RT」創刊へ(毎日新聞)

「解散は国家戦略ではない」直嶋経産相(産経新聞)

 直嶋正行経済産業相は20日の閣議後会見で、仙谷由人国家戦略担当相が鳩山由紀夫首相の退陣と衆参同日選に言及したことについて、「解散が国家戦略とは思わない。よく考えて発言しないといけない」と苦言を呈した。

 仙谷担当相は16日の民放の番組収録で、鳩山首相が夏の参院選前に退陣した場合の政局について、「(衆参)ダブル(選)を問う可能性もある。理論的にはそういうことになる」と発言。与党内から批判が起きている。

 一方、報道各社の世論量差で内閣支持率が30%を割り込んでいることに関して、直嶋経産相は「私自身もそうだし、恐らくみなさん、深刻に受け止めておられるのではないかと思う」と述べたうえで、信頼回復のためにも景気回復へ一層努力することを強調した。

【関連記事】
仙谷氏「衆参ダブル選を問う可能性もある」
首相が普天間問題「5月決着」を改めて表明
鳩山政権浮上の“切り札”仕分け第2弾、標的は…
鳩山政権 末期症状 5月退陣説も
小沢幹事長「中でごたごたは駄目」 党内の結束呼び掛け
児童虐待防止法施行から今年で10年。なぜ、わが子を傷つけるのか…

ネット選挙 参院選から解禁 適用範囲の議論スタート(産経新聞)
【JR福知山線脱線事故】「鉄道マンとしてのプライドを」 妻を亡くした男性がJR社員を前に講演(産経新聞)
雑記帳 高崎のクジラ化石が新種と判明 群馬(毎日新聞)
「首長新党」と連携も=前原国交相(時事通信)
ニコン、タッチシャッター搭載モデルなどコンデジ「COOLPIX」の一部を発売延期

ローマ、モスクワ発便を再開=4日ぶり成田行き−日航(時事通信)

 アイスランドの火山噴火の影響で欠航していた日本航空の路線のうち、ローマモスクワから成田空港に向かう2便が19日、それぞれ現地を出発した。15日以来4日ぶりの運航再開となる。
 日航は「噴煙による空域の制限を避けて運航が可能と判断した」としている。ローマ便は日本時間午後11時50分(現地時間午後4時50分)に出発し、20日午前11時55分に成田着。モスクワ便は午後11時5分(同午後6時5分)出発で、20日午前8時25分到着の予定。 

【関連ニュース
【特集】民間機ミュージアム〜B787ついに初飛行〜
【特集】御巣鷹山の真実-記者が語る日航ジャンボ機墜落事故
〔写真特集〕The Volcano 世界の火山
〔写真特集〕最新鋭の787、A380から懐かしの機種まで・航空機の写真

瓦・畏・彙・毀…常用漢字大丈夫?文化庁が調査(読売新聞)
山内議員の元秘書に支払い命令 東京地裁(産経新聞)
<鳩山首相>「さくらの女王」ら表敬(毎日新聞)
<郵便不正裁判>団体設立の河野被告に懲役1年6月求刑(毎日新聞)
次代に伝える刑事魂 元警視庁捜査1課長、久保正行さんが本出版(産経新聞)

首相側近と国務副長官が会談へ、普天間協議か(読売新聞)

 【ワシントン=小川聡】鳩山首相に同行して訪米した佐野忠克首相秘書官が14日、米国務省のスタインバーグ国務副長官と会談することがわかった。

 米国務省が13日夜、発表した。

 佐野氏は首相の政務担当の秘書官。沖縄県の普天間飛行場移設問題に当初からかかわり、移設先を最終決定するために最近作られた内閣官房と外務、防衛両省の実務者による作業チームにも加わっており、会談で普天間移設問題について協議するものとみられる。

 国務省ナンバー2のスタインバーグ副長官が会談相手を務めることは、米側がこの会談を重視していることを示している。

欧州便4日ぶり運航、ミラノ行き成田を離陸(読売新聞)
<中国艦艇>確認時、護衛艦にヘリ接近(毎日新聞)
羽田国際線枠9万回規模に=成長戦略重点項目−国交省会議(時事通信)
<キセル乗車>相鉄が車掌解雇 定期券の入出場記録不正操作(毎日新聞)
「メディカル・ハイネット」に破産手続き開始決定(医療介護CBニュース)

衆院本議場裏の廊下も禁煙に(時事通信)

 衆院議院運営委員会は13日の理事会で、本会議場裏手の廊下に設置されていた灰皿などを今週中に撤去し、この場所を19日から禁煙とすることを決めた。議事堂3階の参観者通路に設置されていた喫煙コーナー2カ所も閉鎖する。
 国会議員や報道関係者らは本会議の開会を待つ間など、廊下のスペースで喫煙。しかし、議事堂内は、見学に訪れた児童らが行き来しており、受動喫煙の危険性が指摘されていた。 

【関連ニュース
当世「新成人」諸事情
罰則付き屋内規制スタート=受動喫煙防止条例を施行
国会、議員会館の全面禁煙を=超党派議連が要望
荒れた学校、自殺の原因=女性教諭の公務災害認定
阿久根市長、高校に処分撤回要請=野球部員の出場禁止で

<善通寺市長選>平岡氏が無投票で初当選 香川(毎日新聞)
首相、「たちあがれ日本」の党名を論評せず(産経新聞)
収納ケース女性遺体 殺人容疑で再逮捕へ 東京地検(産経新聞)
<東海道新幹線>男性が先頭部分にぶつかる 命に別条なし(毎日新聞)
<スペースシャトル>山崎直子さん、物資移送責任者の重責(毎日新聞)

渡部氏発言は「激励」=官房長官(時事通信)

 平野博文官房長官は7日午後の記者会見で、民主党の渡部恒三元衆院副議長が米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題の行方次第では、鳩山内閣総辞職は不可避との見方を示したことについて「どういう趣旨で言ったのかよく分からないが、全力を挙げて5月末までに決着を果たせよという激励だと思っている」と述べた。
 渡部氏が「ポスト鳩山」として菅直人副総理兼財務相の名を挙げたことについても「よく分からない」と語った。 

【関連ニュース
なれ合い政治から脱却を〜自民党・園田幹事長代理インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜
政界再編含み 政局は五月「最大のヤマ場」へ
鳩山政権「奇妙な安定」が「社民」「自民」を揺さぶる
民主党が担う「産業構造転換」の時代錯誤

<事後強盗>容疑でJR東車掌逮捕 花見客の財布盗む 上野(毎日新聞)
<スペースシャトル>打ち上げ成功 山崎さんら7人乗せ(毎日新聞)
別の乳児白骨体も発見 プランターに遺棄の逮捕母「2年前に捨てた」(産経新聞)
<与謝野元財務相>離党届を提出 新党結成へ動き活発化(毎日新聞)
「政治とカネ」解決策など検討指示 鳩山首相(産経新聞)
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。