So-net無料ブログ作成
検索選択

社民党 連立政権離脱を決定 全国幹事長会議(毎日新聞)

 社民党は30日、東京都内のホテルで全国幹事長会議と常任幹事会を開き、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題で福島瑞穂党首が閣僚を罷免されたことを受け、連立政権から離脱することを決めた。昨秋の3党連立政権合意に盛り込んだ政策や次期参院選での選挙協力については、離脱後も引き続き民主党や国民新党などと協議する。

 福島氏は幹事長会議終了後の記者会見で、「政権離脱を決定した」と報告。その上で「全国の党員や幹事長から罷免については良かった。筋を通したと言ってもらった。今後は新しい政治に仕えていきたい」と語った。

 これに先立ち、福島氏は幹事長会議の冒頭、「連立政権の下で、さまざまな役割と(政策など)できたことに意義があることは認識している。しかし、社民党の1丁目1番地の平和と基地の問題に関し、(同県名護市)辺野古の海に基地を造る政治に加担することはできない」と説明した。

 党執行部は幹事長会議に対し、離脱方針とともに、3党連立政策合意の扱いや参院選での民主、国民新両党との選挙協力など今後の対応も提起。県連のほとんどから離脱を支持する意見が出たが、社民党現職候補を抱える新潟県連が離脱に反対。ほかに数県連が慎重な対応を求めたという。 

 これに先立ち、同党の又市征治副党首は同日午前、党本部で記者団に、鳩山由紀夫首相が連立維持を求めていることについて「社民党を切りながら連立をそのままやりましょうというのは支離滅裂としか言いようがない。首相は退陣し、閣議決定に至る過程を反省しないといけない」と首相に退陣を求めた。【西田進一郎】

【関連ニュース
社民党:「内閣つぶれる」又市副党首
社民・福島氏:「重大な決意」連立離脱を示唆
普天間移設:与党、社民つなぎ留め 参院選にらみ協力優先
在日米軍再編:普天間移設 罷免の社民・福島氏「重大な決意」 連立離脱、強く示唆
’10参院選みやざき:社民県連合、渡辺氏支援保留 福島党首の閣僚罷免受け /宮崎

県職員が130万円着服=職員親睦会の口座から―宮崎県(時事通信)
バックで400m逆走、トラックに衝突し死亡(読売新聞)
昨夏から資金繰り悪化か=従業員給与支払い滞る―200億流れ解明へ・岡本ホテル(時事通信)
農機具会社やスーパー、宮崎へ支援の輪広がる(読売新聞)
綱吉の母・桂昌院ゆかりの京都・善峯寺 重文ひっかき傷(産経新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。